2009メインメニュー

postheadericon 延長となりました

2012 - がん友、皿海英幸さんのエッセイコーナー

延長となりました
  保険証・診察券・お薬手帳に財布。これだけそろっていれば忘れ物はないはず。5月25日(金)は岡山医療センター受診日。一年ぶりのCT検査があるので、気合を入れ、忘れ物をせずに行きたい。経過が順調だから気が緩んでいるのか、最近ちょこちょこ忘れ物をし、妻や娘に「認知症の始まりか」と言われる。ちょっと辛い。せめて「若年性認知症」と言ってほしい。
 
岡山駅よりバスに乗り、小銭確認のため財布を取り出す。「あっ!しまった」一万円しかない。いつもの受診なら足りるだろうがCT検査があるので足りないぞ。財布があるのは確認したが金額までは。まあいいか。会計の際、事情を説明し、後日送金させてもらうようにお願いしよう。今更くよくよしても仕方がない。
  外科・内科の受付を済ませ、外来処置受付へ。いつもなら番号札をもらい採血となるのだが、「名前を呼びますのでこの付近でお待ち下さい」といわれる。あっ、そうか。CT検査の際、造影剤を使うので、採血した針を残す処置をするからだ。私自身は針を残さず二回注射してもいいからスピーディーに行ってほしい。なにしろCTの予約時間は九時。時間に余裕はない。
  「皿海です。CT九時の予約ですが大丈夫でしょうか」五分前、受付に尋ねる。「準備しているのですが。中に入ってお待ちください」九時を少し過ぎて採血終了。急いで三回から二回のCT受付へ。長椅子に腰を下ろすとすぐに呼ばれ、入室する。
  「息を吸って。止めて。はい楽にして」機械による音声が流れる。
意識して呼吸をする場合は腹式呼吸がほとんどだが、胸を写す時は胸式呼吸のほうが写りやすいのだろうか。ともかく、再発・転移がなければ良とするのだが。身体の末端が熱くなってくる。
  検査が終わると売店でサンドウィッチを購入し、持参したお茶と共に遅い朝食とする。毎日このくらいの朝食なら、血糖値も少しは下がるだろうか。
  落ち着いたところで外科診察室前にて読書をしながら待つ。今日の本は「走るために生まれた」だ。「皿海さんどうぞ」ほどなく呼ばれて入室する。
  「最近、いかがですか」「まずまずと思います」「肺炎の後は小さくなっていますよ」「えっ!肺炎は跡が残るのですか?」「傷のようになって残りますが、この映像だともう大丈夫です」肺炎は跡が残りCTで撮れば分かるということは全く知らなかった。「胸部・腹部共に再発転移は見られません。順調ですね。今までは三カ月ごとに受診してもらっていましたが、次回からは半年としましょう。十一月の予定はどうですか」「今の時点で十一月の予定はありませんから先生の都合に合わせます」
  気を良くして内科受診室へ。「いよいよ半年となりましたか。これを機会に内科は府中市の医院で受診して下さい。ただ、岡山へ来た時には私が診ましょう」「ありがとうございます。ところで今日の数値はどうでしたか」と私。
「これから視ましょう」パソコンをクリックされる。「ずいぶん上がっていますね」と残念そうにつぶやく私。「ずいぶんというほどではありませんが上がっています」そうか。四月からはヘモグロビンA1Cは国際基準で表すこととなったため、今までの基準より約0・4高くなる。
  それにしても、症状がなかなか良くならない場合「先生、しっかり診てください」あるいは「もしかして藪医者なのかな」と思うことがあるだろう。でも糖尿病だと患者が悪いことをしているような気にさせる病気だからつらい。満腹感・空腹感と検査数値が比例しないのだから愚痴の一つも言いたくなる。
「自分としてはいつも空腹感にさいなまれながらあれほど頑張ったのに。今日の数値はなんで」
  愚痴を一回行ったら気分転換が大切。今一度生活全般を見直し、努力できる部分を探すことにしよう。地元の内科で受診ということになると知人に出くわすこともあるだろう。いきなり高い数値は出したくない。そして自身の健康のためにも。
  外科・内科の診察を終え、いよいよ会計だ。多数の人が待っているからか本を開いても内容が頭に入らない。それとも手持ちの金が少ないとやはり落ち着かないのか。
  「皿海さん」呼び出しを聞き、いそいそと会計へ。「一万三千円です」あーあ、やっぱり。「CT検査を受けるのを忘れていたので金額が足りません。
後日送金にさせていただきたいのですが…」「分かりました。請求書を自宅に送りますので、振り込んでください」「ありがとうございます」やれやれ。これで安心して昼食をとることができる。今日の日替わり定食は何かな。
  昼食を終えるが、外は雨が降り続き、やみそうにない。三か月ごとの受診から半年ごとに延長となったのだから、今日は岡山市内をジョグしたかった。まあいいや。三カ月後の八月下旬に、ジョグを兼ねて岡山へ遊びに来る予定を立てることにしよう。今日は「岡山・尾道乗り放題切符」だ。倉敷で途中下車し、話題のアウトレットでも見学して帰ろう。何しろ今日は手持ちの金がしれているので、安くても無駄な買い物はしなくて済むし。