2009メインメニュー

postheadericon 「1回目から参加しています」

2012 - RFL広島みんなの広場

「1回目から参加しています」
福山アンダンテ事務局 藤井福美
 
私は福山アンダンテ事務局をしている藤井です。看護師という職業柄、TVでのがん関係の放送はよく見ます。
RFLを知ったのもTVでした。まだ広島で開催されていなかったので、いつか芦屋のRFLに参加したいと切に思っていました。
そこにビッグニュース2009年9月広島で、しかも市民球場でRFLが開催されるともれ聞こえてきました。
私は1人でも参加するつもりでしたが、会員さんに話すと「私も行きたい」という方が数名いましたので申込みしました。
24時間ずっと歩くわけではないけど、様子が分からない為、寝袋などで大荷物になりました。
開始前豪雨だったのが、ぴたりと止み、13時開始されました。心はワクワク!!!
会員さんと話ながら歩いていると、声をかけられて振り返ると、病院でよくあうMRさんでした。腕にサバイバーのしるしの紫のス カーフを巻いて
いたので「えっ貴方もサバイバー?」「はい、5年前に肉腫のOPをしました」
藤井さんは?と聞かれ「私は2000年に肺がんのOPをしました」などと話をしているとカメラとマイクを持った方が近づいてこ られ、2人でインタビュウに
応じました。夕闇が迫ると、ルミナリエに「HOPE」の文字が浮かび、周囲を沢山のルミナリエが囲み、幻想的でした。
0時頃まで歩き、カビ臭い元選手のロッカーで寝ました。これも良い思い出です。
24時間会場にいた事で、凄い熱気を感じました。お元気クリニックのドクターにハグして貰いました。
2回目女学院 暑かったけど24時間会場の空気に触れ、元気を貰いました。
3回目びんご運動公園、実行委員での参加でプレイベントから3日間、尾道に泊まり込みました。
段々福山アンダンテの会員の参加も多くなり、皆が元気になるような感じが凄く伝わってきました。
テントで皆で寝袋で寝たのが懐かしいです。朝が気持ち良かったです
「がんでもいいじゃん」この言葉が素直に言えるRFLが大好きです。
今年は福山開催、福山の市民に「がんでもいいじゃん」といえるRFLを知って頂きたいと思います。