2009メインメニュー

postheadericon 血液のガン(悪性リンパ腫)からの回復(船床)

2012 - RFL広島みんなの広場


血液のガン(悪性リンパ腫)からの回復・・・・・船床五十男

 

2001-9-11 同時多発テロ発生!!

   私は、岡山大学付属病院に入院し、告知を待っていました。

 「悪性リンパ腫 ステージⅣ」・・・十二指腸で見つかったポリープが、小腸まで転移していて、手術は不可能、化学療法の選択しかなく、覚悟だけしておいてください。

 

2001-10月下旬~2002-3月下旬 化学療法を受ける

  新薬(リツキ酸・・・4)と従来のCHOP療法・・・6回の点滴による治療を受ける。

 結果は良好で、プツプツとあったポリープが表面上はなくなり、きれいになった。(医師の

 説明では、やっつける薬ではなく、抑える薬とのこと。)

 

2002-4月 寛解状態になり、社会復帰する。

  新薬を使用した結果であり、何年よい状態を保てるのか不明。私が第1号の使用者であり

 フォローアップしていくことになる。

  ・

  ・

2012-3月 10年間、良い状態を継続し、「治癒」となる。

 

 私の体験した、ガンからの回復のポイント

(1)、良い病院を選択し、医師・看護師を信頼し、よい治療を受ける。

(2)、治療が修了したら、自分の持っている自然治癒力をフルに発揮できる環境をつくり、実践する。心身のバランスを良くし、過剰なストレスを溜めない。

 

 すなわち、適切な治療を受け + 自然治癒力を発揮する。

 

 10年間という闘病生活は長かったですが、いろいろな出会いがあり、ほんとうに貴重な体験でした。ガンになり、死と直面することで、人生観を高める旅を続けさせてもらっています。

  今振り返ってみると、充実した人生を送るために、神様が私に与えてくださった試練だったようにも感じています。