2009メインメニュー

postheadericon 私の見解

2012 - がん友、皿海英幸さんのエッセイコーナー

    私の見解(2016年6月16日)   皿海英幸

 いつもわかばの運営がスムーズにそして和やかにいくよう気を使い、いろいろ提案されているSさん、本当にありがたい存在です。先日は立派な出来栄えのアスパラを地元農家から仕入れ、バザーで完売されました。私が職員でなければアスパラを買い占めたいと思うような出来栄えと値段でした。あーあ、湯がいても炒めてもおいしそうでした。

 さて、来る6月18日は「すばるを後援する会」の総会。総会後のアトラクションとして職員で歌と演奏を披露することとなりました。その際、「素顔で出るのは恥ずかしい職員のため、あるいは会場を盛り上げるため、愉快な変装グッズを身につけて登場しては」と提案されました。グッズ持参で。「後日話し合う機会を持ちましょう」ということでその場は終わりました。でも一週間前となった今も話し合いはなく、そのままの状態です。

 それではSさんに失礼と思い、私なりの見解を記してみたいと思います。

 一個人皿海としては大変興味深いグッズが数点ありました。例えば禿のかつら。そのままの私とかつらをかぶった私、どちらが髪の毛が多く見えるかなと思うと楽しくなります。複数の面白グッズを身にまとってもいいかなと思います。

 でも当日の私は福祉施設職員。福祉施設の職員は主役を目指さず、目立たぬようさりげなく利用者を支援するのが望ましい職員像と私は考えています。できれば黒子に徹したい。

 そういう立場で考えた場合、職員だけで前に出るという行為ですでに目立っていると思う私は今回遠慮したいと思います。今回の主役は後援会会員の皆様。皆様の日ごろの活動に感謝の思いを込め、歌わしていただきたいと思います。

 Sさん、ありがとう。今回は私と考え方が少し違ったけれど、そのひたむきでそして積極的な姿勢、私は好きです。今回採用されなくとも、めげずに今後もいろいろ提案してくださいね。きっちりと受け止め、見解をお知らせしたいと思います。

    思惑違い

 「あっ、しまった」車で出かけた後気づく。今日は老人クラブの健康講座。いつも参加者が多く、駐車場がいっぱいになる。車で出かけたけれど、帰ったら駐車するところがないというケースがしばしばある。

 「えっ、駐車場が空いている」その後老人クラブの事務員さんに会ったので聞いてみる。「今日の健康講座、参加者はどうでした」「少なかったよ」「今日のテーマは口腔ケア、歯医者の先生が来られて話をされたのに、なぜかなあ」「歯磨きの仕方とか歯の手入れの話だったのだけど、高齢者のほとんどは入れ歯。歯磨きの仕方よりポリデント」「あっはは」

 笑っている場合ですか。抗がん剤の副作用と原因は違うが私も総入れ歯。歯磨きよりポリデントですよ。


   体重を計ります

 一カ月に一回、糖尿病内科へ行き、血液検査を受けています。今月は十一日(土)に行ったため、大変混んでいました。やっぱり平日の夕方がいいな。採血前に「皿海さん、体重を計りましょう」と看護師が言いました。

 「わかりました」と言いながら、片足の靴を脱ぎ始めました。「いいのよ。靴のままで上がって」そこで靴のまま体重計に乗りました。「五十一キロ」看護師が言いました。少し減っていますね。でも、胃を全摘以来、私の体重は増えても減っても一キロの範囲内。

 でもやはり変ですね。「いいのよ。靴のままで」と言いながら、体重計には柄の長い靴ベラがつるしてあるのですよ。何に使うのでしょうね。