2009メインメニュー

postheadericon やかましい

2012 - がん友、皿海英幸さんのエッセイコーナー

    やかましい
 私たちの職場では、週に一回昼食時に味噌汁の提供を行っています。利用者・職員の多くの人が業者の給食弁当を利用しています。そこで、「たまには手作りの温かいものを添えて食べたらよいのでは」ということで始まりました。また、「一人暮らしの人は味噌汁作りを手伝ってもらい、料理に興味が出るなら、食生活が豊かになるならいいな」という思いがあります。
 終わりの会で司会担当の私は先日味噌汁について取り上げました。「わかばの味噌汁には『やかましい』が入るように気を配っています。『や』は野菜、『か」は海藻。では『ま』は何でしょう」利用者の一人が言いました。「真心だと思います」「素敵な答えですね。そんな風に思っていたのですか。正解は豆類ですが、『真心』のほうがよいですね」
 「雪が溶けたら何になるの」という問いに、政界は水だけど、「春」と答えた生徒がいたというのは有名ですね。模範回答とは違うのでしょうが、「春」にも『真心』どちらにも花丸を送りたいですね。
 ちなみに「し」はシイタケなどキノコ類。「い」はイモ類が正解です。

   個人情報
 先日白銀で杉浦さんのライブ&トークがありました。終了後「府中ニュース速報」の取材を受けました。ライブの感想について述べました。
 「えっ!」後日紙面を見て驚きました。取材では「皿海です」とだけ名乗っていたのに、皿海英幸(六十一歳広谷町)と記載されていました。個人情報ですよね。私はベネッセを利用した記憶はないのですが…
 まあ、しょうがないか。スキルス胃がんを乗り越えた私がフルマラソンに出場ということで、取材を受けたことがあります。その後もがんに関する行事に関していろいろ応援していただいています。私の個人情報、ニュース速報に登録してあるのかもしれませんね。

    困ったな
 「府中ニュース速報」に杉浦さんのライブ&トークの記事が載りました。それをコピーして、我が家に持ち帰りました。
 「読んでみたら」と言い、娘にコピーを差し出しました。「末期がんを克服し、フルマラソンを完走するなんて、本当はすごいことなのでしょうね。でも私は、スキルス胃がんを克服した父さんがフルマラソンを何回も走っているのを見ているから、こんな記事を読んでも感動しないの。ごめんね」娘が言いました。「そうそう」妻も言いました。
 やれやれ困ったな。こんな時、私はどのような反応をすればいいのでしょうか。そして私は娘から感動する機会を奪った父ということでしょうか。

        

    いい人たち

 杉浦さんのライブ&トーク、とても盛り上がりました。感動しました。そこでエッセイにしてみました。「トーク&ライブ イン府中」という作品です。インターネット「がん友のエッセイ」で発表したところ、「いいね」をたくさんいただきました。それも、尾道の人が結構たくさん「いいね」をしてくれています。
 このエッセイ「やはり府中会場にしよう。~尾道に行く予定だったけど」で始まるエッセイなのです。
 尾道の人、優しくて理解ある人が多いということの表れととらえればよいのでしょうね。また尾道が好きになっちゃった。