2009メインメニュー

postheadericon アイドル

2012 - がん友、皿海英幸さんのエッセイコーナー

 先日、FMふくやま「おはようときめきタイム」に出演し、リレーフォーライフ(RFL)・私のがん体験について話してきました。その時の様子は動画ラジオとして、FMふくやま・RFL広島のホームページで観ることができます。
 「落ち着いて話していて、よかったよ」「堂々としていたよ」等観た人からの感想が届きました。そんな中で、同僚のIさんは「いつもの皿海さんと違って、緊張していましたね」と発言。「そうでしょう。私もそう思ったけど『緊張している』と伝えたのは貴女だけ。もしかしたら、貴女の前でだけ本当の自分をさらけ出しているということなのかな」
 「じゃあ、私がホームページで確認してあげる」同僚のMさんが言った。親切心か、それともIさんへの対抗心か。どちらにしてもうれしいことだ。
 翌日Mさんが言った。「分かりましたよ。最初のRFLの説明部分は確かに緊張しています。でも、自分のがん体験やマラソンについて語るころは落ち着いていて、いつもの皿海さんです」「ありがとう。RFLは実行委を代表してなので『正確に』という思いで緊張したけれど、自分のことなら間違っても自分だけのこと。マイペースで話せたということですね」
 よかった。別にIさんの前でだけ本当の自分をさらけ出しているのじゃあないのだ。
 私は女性に関しては特定の個人がどうこうというのではなく、できればみんなのアイドルでいたいと思っているのです。